舞台『天球儀-The Sphere-』

初日、14日、観劇。あと千秋楽行きます。
末満さんのオリジナル新作!

f:id:hal_8:20160814234203j:plain:w350

youtu.be
youtu.be

napposunited.com


STORY

山荘「天球儀」に集められた7人の招待客たち。
そこではある人物の葬儀が行われるという。姿を見せぬ山荘の主からの要求はただひとつ。
「蓬茨奏音(ほうしかのん)の死を悼むこと」。
だが、招待客は誰ひとりとして「蓬茨奏音」という人物を知らないと言う。亡骸のなき葬儀。
「蓬茨奏音」とは何者なのか?彼は本当に死んだのか?
互いに共通点を持たない7人の招待客は、なんのために「天球儀」に集められたのか?
その事実が明らかにされる時、7人の招待客は己の実存を失う──
人間の記憶が脳ではなく、「スフィア」と呼ばれる外装置に置き換えられた世界線の現代日本を舞台に、殺人事件の起こらないミステリーが開幕する。


悲喜劇ではない、不穏に始まり不穏のまま終わる──事前に呟かれていた通りの作品。
どんでん返しを期待して見ると拍子抜けかもしれない。
久し振りに座った紀伊國屋ホールの椅子はやっぱり腰が死にそうになったけれどもそんなこと観劇中は考えないくらい没頭していた。

ヴァン・ダインの二十則、クローズド・サークル、アンドロイドは電気羊の夢を見るか……ぽんぽん飛び出す言葉にニヤニヤした。
殺人事件の起こらないミステリ。
人が死ぬってなんだ?
何を以って人は死ぬんだ?
『熱闘!!飛龍小学校☆パワード』における○○の○○から去ったジョーは果たして生きているのか?みたいなことを思わず考えた。

ひたすらもう、末満作品だなぁっていう。
それをしみじみ感じた2時間だった。

色々なところから集まった実力ある役者がいたからこそ成り立ったなと思う。観る方もくたくたになるんだから、演じてる方はもっと大変だろうな……
末満作品にキャラメルの多田さんが出るんだ!わー!っていう驚きだったし(多田さんに興味を持たれた方はキャラメルボックス無伴奏ソナタ』を観て下さいお願いします)(そうでなくとも創作活動している人には是非観ていただきたい)
ガキさんはとても良かった……舞台で拝見するのは『殺人鬼フジコの衝動』初演以来2度目。終盤の演技に圧倒された。
久し振りに拝見した大家さんは今までいい人の役しか観てこなかったので大分印象が違ってたし、西川くんはタカ兄の印象のままであの鬱々した山荘内での癒しだった。
鏑木和土香は色々ぶっこみすぎて最高だから観てない人は早く観てくれ。松本さんだってこと忘れてた。最高だぞ。
緒月さんとても素敵でした。ミステリ談義にキャッキャしてるのすごく可愛い。
加納さんは飄々とした可愛さがあって、チラシで拝見したお写真とのギャップに驚いた。

DVDにならないそうだから(末満ニコ生での発言)、観られる人はこの機会に是非足を運んで下さい。紀伊國屋書店の4階にある紀伊國屋ホールです。サザンシアターはコナンだから注意。
森博嗣クラスタ(特に百年シリーズ好きな人)には強くお勧めするぞ。



以下、バレあります









彼らの死は悼まれたのか

冒頭、群唱から始まる。
7人がひとつの存在──蓬茨奏音であることの暗示は既にここから始まっている。
冒頭での群唱というとまず浮かぶのはシャトナー演出だけれど、それにおける群唱とは少し扱いが違う。全員全役の『千年女優』でも群唱から始まるんだっけ(まだ観れてないんだけど)。そういうことだろう。
部屋を出ようとする剛立と春海が同じ方向に避けてたり、富と春海がコーヒー飲むタイミング同じだったり、示唆は多い。


登場人物の死亡要因一覧 ()内は享年

春海:交通事故(11歳)
大師堂:階段から足を滑らせて(15歳)
鏑木:学校の教室の窓から転落(13歳)
剛立:巻き込まれた喧嘩で殴られて(27歳)
國枝:海で溺れて(34歳)
出口:うつぶせ寝で窒息死(0歳)
富:実の親に床に叩きつけられ(5歳)

年齢は末満さんが以前上げていた脚本の画像より


蓬茨奏音は自ら死を選んだが、その記憶を持つ7人は外的要因の死が多い。選ぶ余地なく死んだ。
(ふせったーには鏑木はいじめの末の自殺か…?と書いたけど、蓬茨奏音との対比で事故の方が適切なのかなと思い直した)
実の親による虐待で死んだ富が奇跡の生還(スフィア移植手術)を果たしてまたその親の下で生きていくのかなり地獄だなと思ったけど、さすがに親は逮捕されて、まともな方の親か児童養護施設か優しい親戚の下で育てられてると信じたい。

死をなかったことにされた。隠匿された死。
彼らの死は悼まれたのか?
せめて生還を果たした時に「生きていて良かった」と誰かに言ってもらっていればいいのだけれど。


剛立の夢。マスクの意味はわからない。
富:豚
春海:キツネ
鏑木:象
大師堂:アライグマ
出口:猿
國枝:ヒツジ


蓬茨奏音の葬儀を執り行う

富柊子──蓬茨奏音は最後にそのポケットにマッチを入れていた。
「その死を悼むために、僕は死ななきゃならない」
そもそも山荘「天球儀」に集められた招待状には『蓬茨奏音の葬儀を執り行う』と書かれているのだ。
ようやく、ひとつになった蓬茨奏音の葬儀が執り行われる。22年前、蓬茨教授が複製した不完全なスフィアを移植し、別人としての第二の人生を歩ませたために死ねなかった蓬茨奏音の葬儀がしめやかに。
来年、皆が山荘「天球儀」に集まることはないだろう。
自らのための火葬。
その煙は今度こそ天球に届くのか。

末満さんの作品はやっぱりよく燃えるなぁ()
あと雨は皆を閉じ込める。

ざっくり年表

1955年 世界初のスフィア移植手術
1980年 蓬茨奏音誕生
1994年 蓬茨奏音及び7人の死
2015年 蓬茨教授死去
2016年 山荘「天球儀」にて蓬茨奏音の葬儀が執り行われる

日替わり

袋綴じの開いたパラダイスを富が見てる時の春海の言葉。日替わりそこなんですねw
初日「整形ですよ」
21日
春海「グラビアアイドルも大変みたいですよ。アイドルが水着着るようになったから。……富さんはどう思います?その、アイドルが水着着てグラビア撮るの」
富「いやぁ……私にはできません」
春海「いや富さんはしなくていいと思いますよ」


ところでマッシュ鏑木のCDないの?
ブロマイドは???

いや、この後味と世界観でそういうの売る作品じゃないとは思うんだけど、あったら絶対買ってた。せめて歌詞だけでも公開してほしい。
\マッシュルームマッシュルーム♪/ディナーショー楽しすぎかよ。
あの髪型といいアンジェリコフィーバーかと思いました。
ゲネプロダイジェスト映像にちょっと映ってたの嬉しかったです。

『天球儀』好きな人は末満さん言うところの「自己二部作」の前作『Equal-イコール-』は勿論おすすめですし、森博嗣の百年シリーズ2作目『迷宮百年の睡魔』よかったらどうでしょう……(1作目『女王の百年密室』からどうぞ。コミカライズもあるよ)


youtu.be
youtu.be

http://www.amazon.co.jp/dp/B00EOLP8OOwww.amazon.co.jp